国立大学法人名古屋工業大学 情報基盤センター

(追記)DreamSparkはImagineに変更されました。詳しくはMicrosoft Imagine(2016/11/14)

未来を担う学生さんのために,ソフトウェア各社から,いろいろな支援プログラムが提供されています.そのうちの一つ,マイクロソフト社のDreamSpark って,ご存じですか?

DreamSpark
https://www.dreamspark.com/

アカデミックポータル >学生向け DreamSpark
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/hh830376.aspx

対象学生と認証方法について
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/hh769696

学生向けDreamSpark導入手順書(PDF)
http://download.microsoft.com/download/A/0/5/A05CDA22-F339-4A68-9423-13EEEA32CE7C/DreamSpark_Student_Manual.pdf

学生さん個人がマイクロソフト社と契約することで,「学習目的で,対象の製品を個人のPCにインストールして使用することが出来ます」
つまり・・・,例えば,最新バージョンの Visual Studio Professional 2013 が,無償でダウンロードできちゃいます!!

契約?っていうと,難しい感じがしますが,本学の正規学生さんならば,利用資格がありますので,「学生用メールアドレス: 学生番号@stn.nitech.ac.jp」 を用いて,登録可能です.

利用可能なソフトウェアは,

  • 開発&デザインツール
    • Visual Studio Proffessional
    • Expression Studio
  • サーバー
    • Windows Server
    • SQL Server

などがあります.

名工大の正規学生であることが利用の条件です.Webサイトから,大学のメールアドレスを用いて登録することで,契約ができます.

※「大学のメールアドレス」として登録するアドレスには,くれぐれも,「学生番号@stn.nitech.ac.jp」 を使ってくださいね.
大学のメールアドレスについては,「093: 学生用電子メールアドレスについて」でも紹介しています.(^_^)/~

名工大生には,その他にもソフトウェアに関する様々な特典がありますので,順次紹介していきたいと思います.

特に,Visual Studio については,マイクロソフトと名工大の間で結ばれている包括ライセンス契約によっても,生協でDVDメディア相当代金のみで購入することが出来ますが,DreamSparkの利用によって,最新バージョンの Visual Studio Professional 2013 を無償でダウンロードできるので,こちらの方をお勧めします.

以上,情報基盤センタースタッフの○橋からのおしらせでした.